KANG JIHWAN FILE
KANG JIHWAN~OVERTURE~別館です。カン・ジファン氏が報道されている記事や関連記事、      また動画などをアップしていきます。本館は http://kj_overture.web.fc2.com/ です。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィルム値段心配しなくて夢のようで

7kyu25.jpg

記事元=聯合ニュース

カン・ジファン"フィルム値段心配しなくて夢のようで"

映画を作る時はみなフィルム値段心配しなければならないかけたと思いました。
明らかに'OK'したのにしたいことあればもっとしてみろとおっしゃるから夢のようでした"

14日映画'7級公務員'封切りを控えて会った俳優カン・ジファンは今回のコメディー映画を通じて,前作らで担っていた重さをさっさと振り払ってしまったように安らかに見えた。

"事実スタッフらが技術試写をする時行ってみたのに及ぼすものと思いましたよ。スタッフらはすでにすべて見たことだから何の反応がないでしょう。睡眠も寝られませんでした。
翌日観客ら相手にゲリラ試写会があって,わざわざ行って笑いの声が聞こえて,安心しましたよ。再び死んでも技術試写行かないでしょう"

キム・ハヌルと共に国家情報院要員カップルで呼吸を合わせたカン・ジファンはドラマで見せてくれたいたずららしくて空の隈があるが嫌えない男の魅力を十分見せた。

彼の前作は'映画は映画だ'.

"上手にしなければならないという考えがあまり大きかったんですよ。ドラマで移ってきて,演技できない限界がばれないだろうかと思う視線もあったし,キム・ギドク,ソ・ジソプという傑出した人々と一緒にしながら遅れをとってはいけないという強迫観念が大きかったです"
大きい負担を抱いて大変にとったが,低予算映画で評壇と興行で皆成功を収めながら'カン・ジファンの成功的なスクリーン デビュー作'で挙げられた。

しかし彼が連続ドラマ'頑張れ、クムスン'で顔を知らせる前に主役を演じた映画がある。
シン・ドンイル監督の'訪問者'(2006)で彼は異端で扱われる限り宗教の伝導師であった。

"ミュージカルで始めて,放送で端役を長くしてある朝ドラマがうまくいきながら解けるのかと思われたのに良くなりませんでした。演技は見たししたいが探すところがなくて,数年苦労しましたよ。そうするうちに偶然にオーディション提案が入ってきたし,映画主人公という考えにむやみに始めました"

彼は"映画を作る一月前から俳優と監督,ヨンギ先生が一週間に三回ずつ会って,台本話して,状況劇で練習した"として"その時は映画製作システムがみなそうしたと思った"と話した。

"寒くて腹がへった考えしか出ません。寒い現場で休む所が私の車一台しかなくて,休み時間には監督と俳優,スタッフがみな私の車に挟まって縮めていました。毎度フィルムが何 十万ウォンとし心配をして,4-5分最後のシーンをとる時は'これNGしたら支払わなければならないのか'心配しましたから。
出演料も本来200万ウォン受けることにしたのに多分受けられなかったことのようです"

当時"封切りは思いもよらなくて映画祭出品に意義を置いて"作った映画はベルリン映画祭に招請されてシアトル映画祭で審査委員大賞を受けたが大衆の記憶にはほとんど残っていない。

カン・ジファンは"その時は演技も分からない時とセリフも書いていた通り読んで映画がほとんど終る時ぐらいに感じがきながら,これがこの内容だったのねした"と告白した。

だがこの映画は彼にまた他の機会も抱かせた。
映画撮影末にドラマ'頑張れ、クムスン'のオーディション提案が入ってきたし当時'殺気立った'新人俳優が作家の目に入った。

"助演だと思ったのに主演だというので、なぜ呼ぶと思いながら行きました。当然落ちることという考えに関心もなかったし,'訪問者'撮影が残っている時とはやくしてセット場行くべきだとしましたよ。ところで作家が私を触る話をされたようです。その時フィルム値段心配しながら殺気立っていたしまた幼い年齢だったから受け返しましたし。後ほど聞くと言葉どおり作家と監督が好む'新人の目つき'だったとしましたよ"

三回目映画ではその間抱いたドクをぐいっと抜いた。

"'映画は映画だ'では閉じられた空間にあとで景気に飛び出す言葉同じ気持ちだったら,今回の映画では野原の野生馬のように思う存分走りまわった"とした彼の話が理解できる。

"'訪問者'時もそうで'映画は映画だ'もそうで映画はみなフィルム値段心配しなければならないかけたと思いました。今回は映画撮影環境にも慣れたし,'映画は映画だ'で負担感のために見せられなかったことをさらに見せることができるという自信もできましたし"

意欲あふれるが国家情報院要員ジェジュン役を担った彼は任務を遂行する前げんこつを握って咲いてする'チェムジェム'をする。

"ドラマする時から私だけのジェスチャーを作り出すのを好みました。任務を遂行する前にどのようにするべきかしらなくて及ぼす状況を本当にどのようにするべきかしらないがリハーサルの時偶然に一度握ったのに'オラッ'といいながら'ぴったりささって'シーンごとに入れましたよ。

ワイングラスを握る時,子指が立つのは'京城スキャンダル'で使ったことだが,本当に格好見たくないでしょう。スジ(キム・ハヌル)にさらに腹が立てともう一度使いました"
スポンサーサイト




映画は映画だ


メイキング of 映画は映画だ


『映画は映画だ』特集


おすすめ商品!


お勧め!


クムスンOST

「がんばれ!クムスン」の日本版OSTが発売になりました!


おすすめ商品!


40ページ大特集!


おすすめ商品!

10万Hit記念FLASHで使用した曲が収録されています。

「京城スキャンダル」応援Flash使用曲もこちらからチョイス♪


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


カテゴリー


最近のトラックバック


商品検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


おすすめ商品!

やりました!表紙です!!


ジファン氏大特集号!

表紙からジファン氏です!


ブログ内検索


RSSフィード


プロフィール

Author:まりも
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。